人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

『おっさんずラブ』を真剣に考える

 

やっと話題の『おっさんずラブ』を観ました。

とっても面白かったんですが、この作品が何故こんなにも話題になったのか、

性別は男性、性自認は女性、恋愛対象は女性(いまのところ)、既婚者(子どもなし)の私が真剣にこの作品について考えてみたいと思います。

 

以下ネタバレあります。

 

 

 

まずもって簡単な説明。

田中圭が演じる春田創一(33、男)は、不動産会社のうだつの上がらない営業社員。脱いだ靴下を洗濯機に入れられない人間。

しかし、春田は圧倒的に可愛い。この可愛さというのは性別の概念を超えて、女性はもちろん、男性でさえ可愛いと思ってしまう、いわゆる猫とか赤ちゃんとかおばあちゃんとか陽だまり的な可愛さ。

とにかく田中圭が可愛い。恐らくこの作品が話題になった理由は田中圭が可愛い、それに尽きるのだが、それで終わってしまうとまだ300文字くらいしか書いていないし、1,000文字くらい書くと見えてくる言葉とかもあるからもう少し続けてみる。

 

この作品のヒロインは三人いて、吉田鋼太郎演じる、春田の上司、黒澤武蔵(55、男)、林遣都演じる、春田の後輩、牧凌太(25、男)、そして内田理央演じる、春田の幼なじみ、荒井ちず(27、女)。

黒澤と牧は同性愛者であり、春田の可愛さの虜になっている。

ちずは異性愛者であり、こちらも春田に虜だが、幼なじみという関係性が邪魔をして素直になれていない。

この作品のメインテーマは「同性愛」なのだが、このタブーとも言えるテーマで、作品が地上波で高い評価を得た理由は、前述したように圧倒的に田中圭が可愛いことと、彼以外の登場人物が、同性愛に対して摩訶不思議に寛容的なところ(誰も、え!男同士ですよ!とはつっこまない、逆にその思考が残っているのは春田のみ)、そしてコメディ要素を多分に残しながら(これは吉田鋼太郎の怪演のおかげ)、現実世界よりも多様性がある『おっさんずラブの世界』をある程度真剣に創り上げているからである。

 

ここである程度真剣にと言ったのは、本気でやるなら最終話の結婚式に春田の母親を存在させるべきだし、もっと春田と牧、春田と黒澤の性描写を描かなければならない。

しかしもちろん春田の母親に同性結婚を納得させるまでの過程を、異性愛者の視聴者、同性愛者の視聴者にも納得させるように描いたり、春田と牧や黒澤の性描写を異性愛のそれくらいちゃんと描いたら、そりゃもうエンタメではなくなってしまう。

 

それでもこの作品にはすんばらしいところがいくつかあった。

まず、春田とちずの性描写を描かなったところ。

たぶんそれを描いてしまったら、全部が台無しになっていただろう。

春田と牧のキスシーンはあるのに、春田とちずのそれはない。

春田が最終的にちずとくっつけばいいのになって、心の中で期待している自分がいた。

結局異性愛をスタンダードに考えている自分がいて、本当に悲しい気持ちになった。

それに気づかされてしまった。

 

そして、この作品の本当の主役は、林遣都演じる、牧凌太だと私は思う。

黒澤のキャラ設定は少しフィクショナル過ぎたが、牧みたいな同性愛者の男性はたくさんいるだろうなと思った。

牧が春田の社会的な幸せを願って身を引くシーンは本当に胸が痛くなった。心がぎゅっと掴まれた。

この葛藤を地上波で、しかもエンタメ描いたところが、この作品のハイライトだと思う。

 

この牧の想いを、同性愛者の視聴者はどんなふうに観たんだろう。

異性愛者の視聴者はどんなふうに観たんだろう。

同性愛者は異性愛者がどんなふうに観たんだろうと想像したんだろう。

異性愛者は同性愛者がどんなふうに観たんだろうと想像したんだろう。

 

いくら想像しても当事者の気持ちは当事者にしかわからないんだけど、

受け手に価値のある想像をさせること、

それこそがフィクションやエンタメが存在する意義なんじゃないかなと私は思うのです。

 

こんなふうに、世界にたった一人の自分の、いい感情も、隠したくなるような感情も、えぐってくるような作品が、もっと世の中のたくさんの人の目に触れることを願います。

 

そして私自身が、結局は、そんな作品を創造したいのだ。

 

もうちょっと待っててね。

 

本音

 

宇多田ヒカル様のライブの日まで

とにかくクソみたいな一日を繰り返す

 

その一日が惜しい奴と

チラシみたいに一日を捨てる奴

どっちが贅沢で幸せか

 

担任だった物理の教師の話を思い出す

朝起きて学校に行くとか会社に行くとか

それこそが物理だって

何で自分の足がそこに向くのか

考えるのが物理だって

 

たぶん詰まる所は金とセックスのためだろう

 

お洒落して美味しいもの食べてセックスする

それに尽きる

東京では質の高いそれができる

だからみんな東京に集まる

 

満員電車の中に並んでるいろんな顔

みんながみんな

いいねって言われる人生が欲しいと書いてある

とことんクソったれどもの集まり

もちろん僕もその中心で同じ顔をしている

 

とりあえず朝になれば

結婚とか出産とか保険とか年金とか住居とか年収とか昇進とか介護とか

とにかくややこしいことを

なんならすっかり忘れさせてくれるような

美味しいご飯、素敵な異性、激しいセックス

そんなクソみたいなことを期待しながら

酒が抜けきっていない頭で

満員電車に乗って嫌々会社に向かう

それ以上でもそれ以下でもない

 

って書いてはみたものの

本当は全くそんなことは全然考えていなくて

ただひたすらに

宇多田ヒカル様のライブの日まで

やってくる一日一日を

ひらひらと捨てる

ライブの後のことは考えないように

マニュアル通りに機械的

ひらひらと捨てるのみである

 

 

 

女になりたい

 

男はみんな女になりたいの。

いや、ちょっと違うか。

男だって子どもを産みたいの。

 

でもこればっかりは、東大卒でも、年収1000万以上でも、全国大会出場できるくらいの身体能力があっても、はるな愛さんみたいな突き抜けたトランスジェンダーでも、子どもを産むことは、男の身体だとできないの。

 

だからモチベーションの高い男は、企業したり、僕の好きな分野だったら、小説書いたりとか、世代を超えるコンテンツを遺そうと必死に努力するわけ。

 

要は、つまり、全ての男は女に憧れているってこと。

 

じゃあ女は?

女は男についてどう思ってるの?

憧れたりするのかな。

なってみたいとか思うのかな。

 

男の僕には分からないから。

でもそれが面白いから、想像する。

 

とりあえず。

男はみんな女に憧れてるんだ。

 

 

言葉に逃げよる

 

夜にも

眠れない夜があったり

飲み過ぎてふらっふらな夜があったり

星が美しい夜があったりするように

 

障害者にも

瞳しか動かせない障害者も

車椅子でパチンコばっかり行ってる障害者も

全盲でスケベな障害者もいる

 

そんなふうにオカマにも

オカンの鏡で化粧して 朝立ちするたびに死にたくなってたオカマもいれば

文化祭の企画で女装に目覚めたオカマもいれば

嫁の下着こっそり履いてみたするオカマもいる

 

障害者とかオカマとか社会人とか日本人とか

なんでもいいんだけど

そういう言葉に 逃げんなよ

そんな言葉のなかには 信じられないほどの細かいレイヤーがあって

それこそがいちばん面白いのに

みんな言葉に逃げよる

 

もっと自分に 昔みたいに 親に心配されるくらい向き合おうや

 

たぶんそれだけだよ

生きてて 本気でやる価値あることって

 

 

横浜たそがれ

 

久しぶりに横浜に行った。

渋谷から東横線に乗ってみなとみらい駅に着いたのは16時30分くらいで、

長い長いエスカレーターに乗って地上に出るとそれはそれは空が広かった。

心地良い潮風を受けながら港町を歩くカップルや公園で遊ぶファミリー、

みんなの顔が柔らかく穏やかだった。全ては広いからだ。広いと心も広くなる。

 

すぐにでもビールを飲みたかったが、夜景を観ながら飲むと決めていたので、スタバかタリーズで時間を潰そうと考えたがどこも満席で、自動販売機で缶コーヒーを買い、海の見える芝生の上に座ってそれを飲んだ。

 

近くで女子中学生の集団がダンスの練習をしながら笑い合っていた。

向こうの広場で大学サークルっぽい集団が円になって座り、懐メロを歌いながら盛り上がっていた。

前の道を何組ものカップルが通りすぎた。そのどれもが少しだけ似ていて少しだけ違っていた。

私は全くの一人だった。

 

陽が沈むにつれてイルミネーションがともされ、夜の横浜への準備が始まった。

私は立ち上がって、尻に付いた芝生を落として、ビールを求め歩き始めた。

テラス席のあるレストランを素通りし、ガラス張りのお洒落なバーも覗くだけにして、

結局コンビニで缶ビールを2本とミックスナッツを買った。

 

今度はまた違った表情の横浜が見える広場を見つけ、ベンチに腰をかけビールのフタを開けた。陽はすっかりと落ちていて夜の横浜とビールがやっと揃った。

 

海の周りにはカメラを構えた人が群がっていた。

ガラの悪そうな男の子たちが広場の奥で騒いでいた。

腰に手を回して歩くカップル。二次会帰りの引き出物を持って歩く集団。汗臭そうなサラリーマンたち。クルージングの呼び込みをする女。ビールや焼きそばを売る男。交通整理をするオッサン。

 

また少し人間が嫌いになっていると感じた。

もちろん人間がいるから横浜の夜はこんなにも美しいのだけど、人間が、というかセックスがなくなればいいと思った。

 

ふと足もとに目を向けると大きなゴキブリがいた。慌てて足を上げた拍子に二本目のビールがベンチの下に落ち、乾いた地面にドロドロと流れ出た。白い泡はやがて消えて黒い染みになった。ゴキブリはとっくにいなくなっていた。

缶を拾い上げると目の前に体格のいいサラリーマンが立っていて「ライターあります?」と聞かれた。

すぐ近くを見ると灰皿があった。私は「すいません」と言った。

 

 

正社員からアルバイトに昇格しました

 

成功することや夢をかなえることが、人類共通のいきがいではないということをちゃんと知ったのはここ5年ほどのことです。

 

僕は昔から「海賊王に俺はなる」みたいなことが最強の美徳だと思っていて、夢や好奇心がない人にはあまり興味がありませんでした。

高校生のとき、仲間内で進路の話になったときも、公務員になりたいと言い出した友達がとてもつまらなく思えて、彼が『モンキーターン』を愛読していたので競艇選手に挑戦すべきだと何度も諭し、目指さないのであれば仲間から抜けてもらうと強要した記憶もあります。(現在彼は立派な公務員で二児の父親。私はアルバイト)

 

しかし、社会に出てみると、人のいきがいはそれぞれであり、何よりも家族を大切にする人、とにかく旨い飯を食いたい人、旅行に行くことばかり考えている人、異性にモテたくて仕方がない人、口を開くと他人の悪口な人、自分や他人を傷つけたがる人、まぁ本当にいろんな人がいて、「海賊王に俺はなる」的なことを言う人はあまりいなくて、とりわけ年を重ねると、海賊でもなくて、ましてや日焼けもしていない奴が、「海賊王に俺はなる」とか言うとかなり疎まれることも分かりました。

 

それでも僕は、成功や夢でなくても、自分のやりたいことを生業にしている人というのがやっぱり一番素敵だなぁと何年経っても思うのです。

例えば初対面の挨拶、または警察からの職務質問でもいいですが、僕は「江戸川コナン、探偵さ」みたいに胸を張って自己紹介ができる人間になりたいのです。

 

東京には本当にたくさんの人がいて、みんなそれぞれ違うようにみえるんですが、結局考えていること一緒で「なんか面白いことねぇかな」であり、面白いことをするためには、そりゃリスクやコストがかかるんですが、そのために正社員からアルバイトになるんなら、そりゃ昇格なんですよ。

 

 

 

『たたみかた第2号』アタシ社

 

『たたみかた』は神奈川県の夫婦出版社「アタシ社」さんが出版している文芸誌で、「30代のための新しい社会文芸誌」というサブタイトルが付いています。

創刊号の「福島特集」はそりゃもう素晴らしかったんですが、待ちに待った第2号は「男らしさ女らしさ特集」という、なんとまあ私が勝手にライフワークとしているテーマだったので、浅草で開かれた『BOOK MARKET 2018』に足を運び、フライングゲットして速攻で読みました。会場では編集長の三根かよこさんにもお会いできて、なんだかとても人間味のある素敵な方で、『たたみかた』が3割増しで好きになりました。

 

それにしてもこの雑誌、まず存在自体が頬ずりしたくなるほど素晴らしいんです。紙の質感、テキストと写真のバランス、ボリューム感、におい…あぁもうたまりません。本が好きな人が大切に作ってるってちゃんと伝わってくる雑誌です。

それはさておき「男らしさ女らしさ特集」と聞いて私はてっきりLGBTの当事者の方とか、男性的な職業の方、女性的な職業の方、夜のお仕事の方、お年寄りから幼児まで等々、性の様々な角度からの「男らしさ女らしさ」を集めた内容になっているのかと思いきや、全然違っていて、「男らしさ女らしさ」を入口または出口として、他者(社会)と個人の関わり方、相手または自己の認め方を考え直すというような内容でした。

 

編集長の三根さんは「男と女」を語るにあたって、私の中に「怒り」が芽を出した、と本の中で書いています。

私にとって「男と女」を語る上で「怒り」とはなんだろうか。私は男として生まれた自分にうまく馴染めなくて今尚もがき続けているけど、それについて別に社会に怒りを抱いたりはしない。ただ毎朝下半身が大きくなったり、髭が伸びたりすることで悲しい気持ちにはなるけれど、女性と恋愛をして、結婚もしているし、仕事も住居もある。しいて言えば、これだけ恵まれているにも関わらず今の自分に満足できない、強欲な自己への怒りだろうか。

 

「男らしさ女らしさ特集」は後半どんどん加速していき、話がセックスに及んだと思いきや、テロリストまで飛躍していきます。男女問わず人間にある心の穴、多様性を認められない人への多様性、ひとさじの自己肯定感など、たくさんの心に残るフレーズが飛び出す中で、私の掴みたい「男らしさ女らしさ」のその先みたいなものの答えは見つからないまま雑誌は幕を閉じてしまいました。まあ名残惜しいこと。

 

「男らしさ女らしさ」の話を持ち出すと、男らしくでも女らしくでもなく、私らしく…と、性別の問題を切り離してすませてしまうことがよくあります。性別の問題も難しいですが、じゃあ私ってなに?は、なおのこと難しい。

それでもスーツではなくワンピースを着たいとか、この季節なら髪の毛アップにして浴衣で街を歩いてみたいとか、子どもを授かれるなら父親ではなく母親として授かりたいという感情は、思考や言葉では押さえつけられないほどリアルにそこにあり、死に近づくにつれてその声が大きくなっているような気がします。

 

今回の特集の中で私が一番面白かったのは、ネルノダイスキさんの『きんき』というマンガでした。男と女が一つになった生き物?だけが暮らす世界のお話。今後の創作のヒントになりました。

 

『たたみかた第2号』、とっても素晴らしかったです。そして男と女を巡るお話は到底終わりそうにありません。