人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

『ファッションポジウム』

6月3日に東大安田講堂で開催された『ファションポジウム』というイベントに参加してきました。 「男女の垣根を越えたファッションの未来を考える」がコンセプトで、三度の飯より男女のその先のことを日々考えている私にとって、胸から乳房が出るほど興味津々…

5月のあたし

この春から妻が念願のファッション業界に勤め出すやいなや、帰りがえらく遅くなったので、平日は僕が家事を担当しているのだけれども、早起きしてピンクの可愛いエプロンを身につけ、おにぎりを握ったり、お弁当箱に卵焼きを詰めたり、会社のお昼休みには夕…

『伴走者 夏・マラソン編』 浅生鴨

いつだって障害×エンタメは放っておけません。 エンタメとは、つまるところ他人の世界を疑似体験することにお金を払うことですが、 アイドルや勇者や犯罪者の世界にはまっさらな気持ちで飛び込めるのに、 障害者の世界となると、僕はいろいろ余分なものを抱…

From me to you

おそらく今夜も仕事から帰ってきて 太ることを気にして控えめにご飯を食べて 少しテレビを観て、その後たくさんスマホをいじって ちょっとだけならいいかもってポテチを3分の1袋くらい食べて 風呂に入って、おざなりにストレッチして、またスマホいじって 明…

ジタバタ

先日妻さんに、結婚して4年半が経ちましたが、あなたはどこで暮らしてもお友達ができるし、お気に入りの場所を見つけるし、四季を楽しむし、朝はなかなか起きれないけど行ったらちゃんといい仕事したっていう顔して帰ってくるし、今だって、ここ東京で、ケン…

伝わる言葉

僕は病院で働いているので、今日と違う明日がいきなりやってきた人たちとよくお話をする。 なかでも脳の病気をした人たちは、言葉がうまく出せなくなっている人が多いから、そういう人たちとお話をすると、毎回泣きそうになる。 自分の思っていること、それ…

女装子歌劇団

新宿で女装子歌劇団の舞台を観てきました。 年明け一発目のブログで女装子歌劇団のことを書けるなんて今年はいい年になりそうです。 女装子歌劇団は『女の子クラブ』を運営する、くりこさんが立ち上げた30名の女装子からなるミュージカル劇団です。 歌劇団と…

『魔法にかけられて』

先日池袋の乙女ロードにある『魔法にかけられて』というお店に潜入してきました。 そもそも乙女ロードとは何ぞや。 乙女ロードは、女性向けのコミックスや関連商品を集めたお店、秋葉原でいうところのメイド喫茶の女子版「執事喫茶」等が軒を連ねる、まさに…

ハッピーバースデイ マイセルフ

実は今日が33歳の誕生日で、ゾロ目だからなんだか良いことが起こりそうな年だから、抱負みたいなことを書き残してみる。 33歳こそは自分の言葉を見つけたい。 これまでは自分だけの伝えたいことを無理矢理探して掘り下げて、それを他人の言葉で伝えていたよ…

スキじゃない

あなたにちゃんとスキって言えなかったのは それこそが僕のいいところで あとはぜんぶ悪いところで SNSを見るぶんには今のあなたはたぶん幸せだろうから あなたがまちがいなく読まないこのブログで その安心感から あなたへの気持ちをいまさら書くのです あ…

『女になる』 田中幸夫

本気の映画でした。 この映画のレビューは、中途半端な気持ちじゃ書けませんね。 がっかりさせない期待に応えて素敵に楽しいいつも俺らを捨てます。 ネタバレあり。 まずはあらすじ。 主人公の中川未悠さんは物心がついた頃から、自分にちんちんがついている…

A half year has passed in Tokyo

30過ぎてから東京で暮らし始めてもうすぐ半年です。 いちばん何が変わったかと言うと、車を乗らなくなったので、いつでもどこでも酒ばっかり飲むようになりました。 あとは街でも仕事でも若い人をよく見かけるので、30過ぎたらオッサンなんだなって余計に身…

『乳と卵』 川上未映子

川上未映子、恐ろしい女である。 セカイとワタシの違和感を、自分だけの言葉で、カタチにした文句のつけようがない傑作である。 ネタバレあり。 この小説は、女が書いた女の小説である。 男である僕は、巻子とわたしの銭湯のシーンとか、わたしの生理の描写…

『女の子クラブ』

今週は新宿二丁目にある『女の子クラブ』に潜入してきました。 こんなふうに如何わしい催しやお店の潜入を続けていれば、潜入キャラが定着して、潜入捜査官と呼ばれ始めて、いつか西島秀俊さんとか伊藤英明さんみたいな素敵なバディができればいいなと思って…

『あのこのあしうら写真展』

東京、東日本橋で開催された『あのこのあしうら写真展』なるものを観てきた。 東京に来て約4ヶ月、何ひとついいことなんてなかったけど、あのこのあしうらだけを集めた写真展を拝むことができる日がくるなんて、東京マジ半端ない、である。 「やばい星野源マ…

嘘みたいな一日

いつか人生のどこかで エレベーターに閉じ込められたり 雪山で遭難したり いけないことをして独房に入れられたり そんなじっと一人で寂しさを耐えなきゃいけないときのために 思い出すたびにムフフとなる 嘘みたいな一日というのが僕にはあって それは僕がNY…

女の子になれない理由

ずっと女の子になりたいって思ってたけど、本当に女の子になれた暁には、実際に何をしたいかって考えると、例えば、アーバンリサーチの服とか、MHLの服とか着て、表参道を歩くとか、麻の部屋着で、髪の毛お団子頭にして、クウネルとか読みながら、日本酒に合…

『アリーキャット』 榊英雄

普段エンタメ系の映画はあまり観ないんですが、マジ最高でした。 この映画の何が素晴らしいかなんて、そんなもん窪塚洋介さんが素晴らしいのです。 僕はすっぽりDragon Ash世代なので、降谷さんの格好良さは重々承知の助ですが、窪塚さんの隣に立たされたら…

すきになりたいひと

とっても素敵な人なのに、今はもう恋人じゃないからとか、もう私以外の別の人を好きになってるからとか、さらには子どもができて家庭があるからだとか、そんなことで、私の出会った素敵な人のことを語れないなんて、なんて悲しいことなんだ。 めちゃくちゃに…

『大空で抱きしめて』 宇多田ヒカル

今にいるけど、明日とか、夢を叶えた自分とか、そんなことばかり考えてしまう。 今にいるけど、昨日とか、いちばん好きだったあの人のこととか、そんなことばっかり考えてしまう。 たぶん、これまでの今も、これからの今も、別の時間のことばっかり考え生き…

僕の言葉

ツイッターでつぶやいたり、好きなテレビ番組を観たり、嫌いな上司に怒られたり、昼間から酒を飲んだりしながら、時間は公正に流れて行くんだけれども、僕はここがどこで、いったい何をやっているのかわからないのだ。 目の前に現れた人間に対して必要な会話…

『虹色バス』 宇多田ヒカル

三度の飯より宇多田ヒカルちゃんが好きなんだけれども、『虹色バス』という曲は、盆と正月と誕生日がいっぺんに来たような曲である。 『WILD LIFE』というライブで彼女はこの曲を最後の曲にセッティングしていて、そのライブ後に活動を休止した彼女にとって…

『ファミリー・コンポ』と私

僕の好きなマンガの一つに北条司さんの『ファミリー・コンポ』という作品があります。 ちょいとあらすじを紹介すると…… 主人公の大学生、雅彦(男)は、とある家に居候することになったんですが、その家族の夫婦は性別が逆転していて、雅彦はいろんなドタバ…

女の強かさ

妻の高校時代の友達が遊びにきて、ネイルについて熱く語ってくれたんだけれども、女子力情報に目がない私は耳をダンボにして聞いたんだけれども、女子は結局のところテンションを上げるためにネイルをするんだそうだ。 しかもその女がやるネイルは、一回一万…

社会に戻る前に

社会に戻る前に、その目的をあらためてここに書き記す。 いったん戻ってしまうと、なぜ戻ったのかを忘れてしまうことが往々にしてあるからだ。 私は優れた小説を書くために社会に戻る。 優れた小説とは、現実社会に新たな宇宙をこしらえるような小説だ。 そ…

Now, I am in Tokyo.

ハイパーメディアクリエイターだった妻の進学で、コンクリート・ジャングルTOKYOに引っ越してきて、もうすぐ一か月になります。 大人の事情で都心からずいぶん離れたアパートに越したので、全然コンジャン(コンクリート・ジャングル)感がありません。でも…

32年と6カ月生きてようやくわかったこと

32年と6カ月生きてようやくわかったことは、 僕が天才じゃなかったということです。 お恥ずかしい限りですが、32年と6カ月間、僕は自分のことを天才だと思っていました。 スラダン読んで流川になれると思ってバスケやったし、 東大に入れると思って受…

夢みる若者たちへ

『努力にまさる天才なし』 という言葉がありますが、それは真っ赤な嘘っぱちです。 みんなスタートラインは一緒、みんな一日は24時間とか言いますが、それも真っ赤な嘘です。 そんなことないよ! 人はみんな平等、夢は努力すれば必ず叶うよ! と、信じている…

すきなひと

僕には好きな人が二人いる。 村上春樹と宇多田ヒカルだ。 彼と一緒にサッカーをしたり、銭湯に行ったり、ナンパをしたことがないし、 彼女と一緒に映画をみたり、公園に行ったり、セックスをしたことがないから、 おそらく二人のことは、これからもずっと好…

世界をつなぎとめる言葉

週末、旧友に会うため、関西に行った。 一年ぶりの関西弁は、もう耳慣れない言葉に聞こえた。 日曜の朝、新快速列車に乗り込み帰路につくと、しばらくして車内アナウンスが流れた。 「お客様にお知らせいたします。○時○分、吹田駅ホーム内で人身事故があり、…