読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

『告白』 町田康

いやはや驚きました。

村上春樹さんの『海辺のカフカ』以来の衝撃でした。

 

町田康さんの『告白』

全840ページ。レンガみたいな文庫本。

 

どこかに素敵な純文学作家はおらんけ…

と軽い気持ちでネット検索していたら、

生涯最高!…とか、

ドストエフスキーを越えた…とか、

そんな嘘くさいレビューと一緒に見つかったこの作品。

 

「あほこけ、こちとらどんだけの時間と金使って、いままでなんぼほど本読んできたとおもてんねん」

と疑いながらダンベルみたいな本を手に取り、筋トレごとく読み進めること数週間。

(※主人公の熊太郎に触発されて関西弁になっています)

 

「あれ?」

「おもろいんやんけ…」

「こりゃ…ほんまもんやわ」

 

 大学生で『海辺のカフカ』を読み終えたとき、

「あーたぶんこれからこの小説よりおもんない人生送るんやろな」って思いました。

 

30歳で『告白』を読み終えて、

「死ぬまでに見つけようと思ってたこと、すでに書かれてしもてるやん」って思いました。

 

どこにでもいる普通の男、熊太郎が、どうして人を殺さないといけなかったのか。

誰よりも言葉を大切にした熊太郎の、最後の言葉は。

 

この時期に少年Aの『絶歌』じゃなくて、町田康の『告白』を読んだことに、何か運命的なものを感じました。