人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

春なのに。

ここ一カ月くらいブログを更新していなかったので、さるたこ死んだんちゃうか?と思われた方もいるかもしれませんが、安心してください、生きてますよ。(なんとか安村さんのヤツをココで入れる勇気すらあります)

実は以前からゆるりと書き進めていた小説に急に勢いが出てきて、レリゴー!てきな感じで書きまくってたら、ブログのことをすっかり忘れていたのです。そしてまたブログに戻ってきたということは小説の勢いはまた急に萎んだということです。トホホでやんす。

 

しかし小説家になるという過程ほど効率の悪いことはありません。

新人賞を獲ってデビューするというメインストリームなやり方を選んだとすると、まぁ半年くらいで作品を書き上げて応募したとしても、その後結果が分かるまでさらに半年くらいかかるわけです。

一年くらい大学受験と一緒やん。と思われる方もいらっしゃるでしょう。

いえいえ、受験と違うのは、一年間自分が正しい方向に進んでいるかどうか、全く分からない点にあるのです。

自分の小説は面白いのか。自分の文章は上手くなっているか。それを知る術がほとんどありません。

そんなもん誰かに読んでもらえばいいやん。と思われる方もいらっしゃるでしょう。

いえいえ、自分の書いた小説を他の誰かに見せるということは、自分のチンチンを他人に見せるようなものなのです。

僕は、なんなら今から駅前で、帰宅を急ぐサラリーマン全員にチンチンを見せる覚悟がありますが、誰も知らない人のチンチンなんて見たくないのです。

先程からチンチンを連呼しすぎているので、今後はチンチンチンにします。

社会を回してくれている生産的かつ効率的な人たちは、13文字くらいのテキストしか読んでくれない時代なのに、小説は数万文字くらいあるメディアなのです。

僕みたいな奴のチンチンチンを嫌々ながらも辛抱強く読んでくれる稀有な人は、僕の女房か、飛行船パイロットみたいな眼鏡をかけている学生時代の友人くらいなもんです。加えて僕の女房はハイパーメディアクリエーター的な仕事をしているので、活字が苦手なのです。まともに読み終えたことのある小説は、僕の落選作数点とダニエル・キイスさんの『アルジャーノンに花束を』くらいなものです。(まさかここでダニエル・キイスさんと並列するとは!)

そして、こうやって僕のブログを最後まで読んでくれている方がもしいるとすれば、あなたも相当のチンチンチン好きですね笑(不快にさせたら大変申し訳ございません。たぶん巷で話題のメタファーとかアナロジーてきな表現です)

僕みたいな万年予選落ちの書き手は、本当に暗い森の中を、小説家になりたいっていう小さなロウソクの炎を片手に、一人さまよっている感じです。火が消えそうになったら、メラメラ光る先輩小説家さんの火を少し頂いてなんとか歩いている。

歩き続ければ森の外につながる道が見つかるのか。それとも炎をさらに燃やせば誰かが声をかけてくれるか。

春なのに、そんなことばかり考えています。

 

話は変わりますが、三度の飯より好きだった朝ドラ『あさが来た』が終わってしまいました。

別れてすぐ他の女の子と付き合うような気持ちで、新ドラマ『とと姉ちゃん』を見始めたら、宇多田ヒカルちゃんの新しい主題歌で、春がぶっ飛びました。

ヒカルちゃん。あんた、マジやるね。

一瞬でずっきゅんですわ。あたしはそんな小説が書きたいのです。