人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

女の強かさ

 

妻の高校時代の友達が遊びにきて、ネイルについて熱く語ってくれたんだけれども、女子力情報に目がない私は耳をダンボにして聞いたんだけれども、女子は結局のところテンションを上げるためにネイルをするんだそうだ。

しかもその女がやるネイルは、一回一万円近くかかるらしく、しかもそれは三週間くらいしかもたないらしくて、だからこそそれを美しく撮影してインスタグラムなるもにアップするそうなのだ。

そして多分爪以外にも女にはオシャレするところがたくさんあって、男からすると除毛さえしてくれれば、ネイルとかアクセサリーとかほとんどどうでもいいので、恐らくもうそこらへんのオシャレは、対男というよりも女同士の戦いなんだろうなと思うのだ。

丸の内とかには本当に俗に言うイイ女がいっぱいいて、カラダ全身美しいんだけれども、そういう女は、そこにかけられるお金と時間が私にはあるんですよって言いながら歩いているのかもしれない。

でも、そこらへんの意図は男には皆目伝わらないので、他の女に向けてなのか、それか純粋に自分のテンションを上げるためなのか、とにかく目の前の一日を楽しく美しく生きるためなのか、なんだかわからないんだけど、そういう女の強かさが私にはたまらないのである。

 

それでは、男は自分のテンションを上げるために何をやるのか‥‥それは多分好きなものを収集することなのかしらと思う。

例えば私であれば、好きな本をしこたま集めて、自分のルールで本棚に並べて、それを眺めているだけで、アレキサンダー大王みたいな気分になるのだ。

そう考えると、男は獲る側で、女は獲られる側なのかもしれないけど、女からしたら獲られた後も命は続くわけだから、とりあえずネイルとかガーデニングとか御朱印集めとかするんだろうなと思うと、やはりそういった女の強かさに、私は憧れてしまうのである。