人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

スキじゃない

 

あなたにちゃんとスキって言えなかったのは

 

それこそが僕のいいところで あとはぜんぶ悪いところで

 

SNSを見るぶんには今のあなたはたぶん幸せだろうから

 

あなたがまちがいなく読まないこのブログで 

 

その安心感から あなたへの気持ちをいまさら書くのです

 

あなたとの仕事も あなたとのデートも あなたとのセックスも

 

どれをとっても僕にとってはドキドキの連続で

 

だってあなたのことを全然スキじゃなかったから

 

そんな僕になったのは初めてだったから そりゃもうびっくりしたのです

 

あなたは僕に ありがとうとか スキとか キライとか 死ねとか いろいろぶちまけてくれたけど

 

僕はあなたになんにも言えなかった それはつまり あなたは僕にはじめての気持ちをくれたのです

 

僕はあなたを笑わせるのも 悲しませるのも 泣かすのも ぜんぶ楽しかった

 

スキじゃなかったからこそ あなたの顔 髪 体 言葉 匂い 仕草 料理 ぜんぶをちゃんと味わうことができた

 

あなたと一緒に行った美術館 一緒に聞いた曲 一緒に読んだ本 だいたい覚えているよ

 

僕もそれなりに幸せになった今 こうやってあなたのことを思い出し キュンとしているんだけれども  

 

あなたにはそんな時間はあるのかな 

 

例えば赤ちゃんが寝た後に やっと本を読める時間ができて そういえばあいつも本がスキだったなとか そんなふうに僕のことを思い出す時間なんてあるのかな

 

別になくても全然いいんだけど 僕にはあるから こうやってブログに書いているのです

 

あなただけにもらったこの気持ちをどうにか言葉にしようと 遠く遠く あなたから離れたこの場所で 僕は生きていて あなたも生きていることが 本当に嬉しい