人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

もうすぐGW

 

 もうすぐGW(ジョージ・ワシントンではありません)。

面白いことはねーかーってなまはげみたいにさまよい歩いているあなた。

日常は、面白いことで溢れ返っているのです。

ということで最近面白かったことを紹介。

 

まずは先日図書館で発見した物。

僕は生意気にも新聞を購読しているので、普段はあまり図書館の新聞コーナーにはお世話になりませんが、その日は魔が差したというか、僕の面白アンテナが何かを感知したというか、とにかく久しぶりに前を横切ったんです。

するとそこには『紙めくりクリーム』なるものが、一つ、一つ、ご丁寧に新聞が取り付けられた傾斜のある全ての机に備え付けられていたのです。

その『ハエ取り紙』以来の明解なネーミングセンスはさることながら、朱肉ケースのような入れ物に詰め込まれたクリームはなんと、目の覚めるようなモスグリーン色をしていたのです。

僕は恐る恐るその一つを真上から覗き込みました。それはまさに村上春樹氏の『ねじまき鳥クロニクル』に登場する井戸を彷彿とさせる神秘的かつ魅惑的な代物でした。中心は手垢で真黒に変色し、底が全く見えません。その吸い込まれそうなほどに強烈なビジュアルと、隣に貼られたライトなフォントで記された『紙めくりクリーム』という名札とのギャップに僕は動悸が激しくなり、ふと隣の席に目をやると、おそらく十日ほど入浴という行為を拒絶し続けている男性が、『紙めくりクリーム』をゴツゴツとした人差し指でぎゅるりと塊、取り、両手のひらになじませているではありませんか。

僕は危うく失神しそうになり、足早にその場を後にしたのでした。

 

続いては地区のフリーマーケットで出くわした人。

とある施設の駐車場で行われたフリーマーケットに出店した僕と妻。

僕らのブースの隣はテレビの取材が来そうな大家族のブースでした。

店主は小奇麗な格好をしたおばさん。息子夫婦や孫たちに的確な指示を出して、子ども服からブティックで扱っているようなテロンテロンの服までたんと売りさばいていました。ファーストリテイリングもびっくり。

お昼の時間になって客足が途絶えると、そのおばさんが僕たちの店を冷やかしに来ました。

ここでくりびつぎょうてんなことにおばさんは素足でした。

目をこすってよく確認しましたが、やっぱり一青窈ではなく隣のおばさんでした。

僕たちの売り物の一つである、赤いスカーフ的な物を手に取り、

「あーこれ! 懐かしいわね。これが500円?」と大げさに言い立てるおばさん。

「これ、着物に合わせて使うやつなのよ。あんたら知ってた?」

実は妻の実家にあったそれをとりあえず持ってきただけで、赤いスカーフ的な物に関する知識においては完全におばさんの方に分があったのです。

「こんなもの500円で売るなんて。まぁ50円なら買ってあげてもいいけど」

それを聞いた僕は、顔から火が出るほど恥ずかしい気持ちになって、このおばさんは、僕たちの無知を赦すだけでなく、身銭を切って、恥ずかしさの元凶である赤いスカーフを僕たちの前から消そうとしてくれるなんて、なんて素晴らしいおばさんなんだろうという気持ちにさせ、まんまと50円でスカーフをかっさらって行ったのでした。

そして素足のおばさんは持ち場に戻ると、パイプ椅子に腰かけ、空を見上げると、

「今日は本当に素晴らしい一日やった。ただ、靴選びを失敗したな」と言い放ったのです。

その時まだ昼の12時半です。

僕はおばさんがどんな靴を履いてきたのか確認してみたい気持ちに駆られましたが、同時におばさんの一日に汚点を残した靴に憎しみさえ感じたのでした。

 

もうすぐGW(ガンダムウイングじゃありません)。

遠くにいかなくたって、日常は、面白いことで溢れ返っているのです。