読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

『ラ・ラ・ランド』 デイミアン・チャゼル

 

ミュージカルって最高なんです。

あたしゃミュージカルとチョコレートで育ったようなもんなんです。たぶん。

サウンド・オブ・ミュージック、ウエスト・サイド・ストーリー、RENT、ヘアースプレー……

ミュージカルのことを考え出したら、どれだけ死にたくなっても、もう一日、生きられます。

大学生のとき、スタバでバイトしながら、キャラメルマキアート1000杯くらい作って、NYに留学したのも、ブロードウェイでミュージカルが見たかったから。

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスですよそんなもん。

 

そんなあたしが観た『ラ・ラ・ランド

最高ですよ。そんなもん。

 

ミュージカルがキライな人は、なんでいきなり歌うの? なんで踊るの? ってよく言いますが、

人間なんて、必死で働いて、飯食うのは、歌って、踊るためなんですよ、ほんとに。

 

全ての言葉、全ての物語は、アンタのもんじゃない。

歌と踊りだけが、アンタのもんなんです。

生まれたばっかりのちびっこも、死ぬ間際のおっさん、おばさんも、歌って、踊っているときが、いちばん楽しいんです。

 

だから、ミュージカルは最高なんです。

 

ラ・ラ・ランド』のあらすじとか、素晴らしい所とか、そんなもん自分で観てください。

僕が伝えたいのは、これを作った監督が、32歳ってこと!!

 

監督と同い年のボクは、この作品を観ながら、泣きながら、まだ夢見ていいんだよね、まだ夢見ていいんだよね、って心のなかで、何度も何度も、確認しました。

 

ミュージカルって、つまるところ、『夢』そのものなんです。

 

デイミアン・チャゼルさん、本当に素晴らしかった。ありがとう。

あたしゃまだまだ夢見るよ。