人生30過ぎてからでしょう。

好きな本、映画、日々考えていること、気の向くままに書きます。

『ファッションポジウム』

 

6月3日に東大安田講堂で開催された『ファションポジウム』というイベントに参加してきました。

「男女の垣根を越えたファッションの未来を考える」がコンセプトで、三度の飯より男女のその先のことを日々考えている私にとって、胸から乳房が出るほど興味津々な内容で、『あのこのあしうら写真展』以来のやっぱ東京マジヤベーなイベントでした。

 

そもそもはNHKのドラマ等に出演されている、くりびつ仰天可愛い西原さつきさんのインスタでこのイベントを知ったのですが、イベントが始まってまず登場したのは安冨歩さんという東大東洋文化研究所の教授さんでした。この方、登場したというか降臨したというのが丁度良いくらいの神々しさをお持ちになられていて、私はこの方のことを全然知らなくて、この女性装をなさる奇天烈な東大教授さんとお会いできたことが今回の最大の収穫となりました。

 

イベントは安冨歩さんの基調講演、ファッションショー、モデルさんの服のデザインを手がけた『ブローレンヂ』代表の松村智世さんや西原さつきさんらのパネルトーク、写真撮影会の順で進んで行き、最後は陽気な音楽に合わせて皆で踊り狂うというなんだかよくわからない結末を迎えたのですが、東大安田講堂というまさに歴史的閉鎖空間のなかで、皆でやれば怖くない!というある種共犯的な一体感が終始会場を包んでいました。

 

基調講演の中で安冨さんは、我々は様々な「普通」という箱の中に閉じ込められるが、人生で最初に入れられるのが「男か女か」という箱だと話されていました。

その後のファッションショーで、まさにその箱から飛び出した15名ほどモデルさんたちが安田講堂ランウェイを舞うように歩いたのですが、一人のモデルさんの自己紹介テキストの中に「私にとって女性であるということはコンディションの話、人生のテーマにはしません」とありました。あちゃーやられたですよ本当に。男か女のその先を行っちゃってる。

ファッションに背中を押されて、勇気と覚悟で自分と向き合った人たちはこんなにも美しいのでした。

 

それでは私はどうやってその先に向かうのか。女性の格好をしたい男性の自分が本当の自分? 性別なんて記号を取っ払った自分が本当の自分? 考えても考えても結局わからなくて、もうどうしょうもないからみんな踊っちゃおうって、あの日の安田講堂にはあんなに素敵な音楽が流れていたのに、結局最後まで椅子からお尻を浮かせられない自分がそこいたのでした。